ダイエットでいきなり停滞期の原因!これを知ると挫折しないよ

スポンサーリンク

ダイエット始めたけど、いきなり停滞期?

・一週間断つけど1gも体重が減っていない
・運動がしんどいんだよね
・成功しないとモチベーションが続かなそう
・ノートに体重を書いているけど、全然減っていない
・毎日の食事制限で挫折しそう

と、お悩みではないですか?

 

たしかに、「よしダイエットして○kg痩せるぞ!」とがんばってみても、一週間たっても二週間たっても体重が落ちないのであれば、挫折しそうになりますよね。

「毎日決められたトレーニングをして、食事制限までしているのに…」

頑張ってみても一向に体重が減らないと、心が折れて挫折しそう…って実は全然挫折する必要はないんですよ。

ダイエットでいきなり停滞期に入ることはよくあることです。

なので本日は、ダイエットで行きない停滞期になってしまう理由と、その対処法について紹介していきますね。

スポンサーリンク

ダイエットでいきなり停滞期…の原因はこれ!

体の仕組みって面白いものなんですよね。

今日からダイエット!と思って食事制限して運動もちゃんとしたけど、なかなか効果が実感できない…なんてことはよくあることです。

なので、ここで挫折するのはもったいないですよ!

という事でまずは、「ダイエットでいきなり停滞期」担ってしまう理由について紹介していきますね。

ダイエットでいきなり停滞期の原因

よくあることですが、ダイエットを始めたからといって、いきなり食事を大幅に減らしていませんか?

そうすると体が「飢餓状態」と勘違いしてしまって、やせにくくなってしまいます。

(わかりやすく言えば、摂取した栄養分を積極的に吸収する状態ですね)

これは一定期間で治るのですが、できればこの「体の飢餓状態」をスルーすると、ダイエットの始まりからスムーズに痩せる可能性が高くなっていきます。

なので、ダイエットを始めたからといって、いきなりきびしい食事制限をしないでください。

「体の飢餓状態」になってしまうと、本当に痩せにくい状態になってしまうので、できるだけその状態位にならないように、ダイエット中でもしっかりとした食事を心がけましょう

体の飢餓状態が「ダイエット始めていきなり停滞期」の原因の一つになります。

 

ダイエット中でも朝昼晩、あわせて一に落ちの食事量は最低1200kcalを目安に摂取してくださいね~。

ダイエットを繰り返していると「体の飢餓状態」になりやすい体質になってしまうと言われています。

ダイエットをはじめたばかり…ということで、筋肉量が少ないと思います。

なので食事はタンパク質多めで、筋肉をつけるような食事にしていきましょう。

 

そして、ダイエットでいきなり停滞期のもう一つの原因に「筋肉がついていない」というものがあります。

筋肉は基本的に運動やトレーニングをすればするほどついていきます。

ある程度筋肉がついてくると、その筋肉を日常生活でも使うので、その結果、基礎代謝があがり、消費カロリーが増えて、体重が落ちていくのです。

ですが、ダイエットを始めたばかり…という事でまだ筋肉がついてない状態です。

なので、基礎代謝が低く消費カロリーが少ない状態なので、ダイエットの効果を実感できないことが多いですね。

筋肉が付けば、同じ運動をしたとしても、筋肉がないときよりもカロリーの消費効率は上がりますので、ダイエットをはじめたのであれば、まずは筋肉をつけましょう!

 

また、筋肉は実は脂肪よりも重いのです。

なので、脂肪が減って筋肉が増えたとしても、体重計で量るなら体重はほとんど変わっていないはず…中身はしっかり変わっているのにね。

そんな勘違いもあり、「ダイエットでいきなり停滞期」なんて思いこんで、嫌気が差してしまうこともあるようですよ。

ダイエットに効果の低いサプリを使わない!

ダイエットのためにサプリを飲んでいるけど、なかなか効果が実感でできない…なんて場合もありますよね。

 

ここだけの話ですが…実は、

サプリやダイエット補助食品って、あまり効果がないものが多いんですよ~。

ダイエットサプリメントやダイエット補助食品って、カテゴリーで言えば、

・医薬部外品
・健康食品
・健康補助食品

といったものが多いんです。

 

ここで簡単に説明しますが、厚生労働省では、薬を

・医薬品
・医薬部外品
・健康食品

の3つに区分しています。

その内容ですが、簡単に言うと、

医薬品とは?

医薬品とは…

医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。医師の診察によって処方される処方箋医薬品、薬局で買える一般用医薬品がある。医薬品は治験を行って有効性が示されれば新薬として承認され、新薬の発売から20年の期間が経過したらその特許がきれることで他の会社も販売可能となり、後発医薬品が製造される。

医薬部外品とは?

医薬部外品とは…

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。

予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。人体に直接用いられるものだけでなく、たとえばスプレー式殺虫剤のように噴霧したり、ホウ酸団子のように適当な場所に設置したりして使用するものも含まれる。

健康食品とは?

健康食品とは…

健康食品(けんこうしょくひん)とは、日本の法律上は単なる食品であり、医薬品成分を含まない健康の保持増進に寄与するとされる食品全般のことである。本項目で一緒に解説する法律において承認されているもの以外の、俗に健康食品と呼ばれている食品のことである。成分を補給するものはサプリメントとも呼ばれる。

法律で承認されているものは、1991年に保健機能食品の制度が定められ、国の定めた規格や基準を満たす食品において保健機能を表示できることとなった。この制度は、科学的研究を実施し承認された特定保健用食品(トクホ)の制度と共に出発し、2001年より特定の栄養素を含んでいるという栄養機能食品、2015年より他で実施された科学的根拠をもとに表示ができる機能性表示食品と拡充してきた。中にはトクホの根拠となった研究の参加者が6人と少数であったり、含有される成分が足りなかったなど、その信頼性について議論を生じてきた。

となっています。

こうやって書くと逆に分かりづらいですよね。

という事で、私が重要だと思う部分をまとめてみますね。

要点をおさらい

医薬品、医薬部外品、健康食品の違いですが、要点を抜き出してみると、

・医薬品

医薬品(いやくひん)とは、疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品

 

・医薬部外品

日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。

 

・健康食品

日本の法律上は単なる食品であり、医薬品成分を含まない健康の保持増進に寄与するとされる食品全般のことである。

まず「健康食品」ですが、ダイエットの効果を高めるのには論外…といえそうですね。

医薬品成分を含んでいないし、健康の保持促進ということで、ダイエットにはあまり期待ができなさそう…。

もしかしたら、あなたの使っているサプリメントはこれかもしれないので一回調べて見ることをおすすめします。

 

そして次に「医薬部外品」ですが、法律では有効性や安全性の確保がされているのですが、医薬品と化粧品の中間的な的な分類、ということで医薬品よりも効果が劣っている事がわかります。

 

そして最後に「医薬品」ですが、疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品、とうことで、これは今回紹介した中では1番効果が期待できます。

厚生労働省が「疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品」を医薬品と定めていますので、これは国のお墨付き!

 

ダイエットでより高い効果を期待したいのなら「健康食品」や「医薬部外品」ではなく「医薬品」を選ぶしかないでしょう!

さて…

あなたが今使っているサプリメントやダイエット補助食品は、この分類の中ではどれでしょうか?

私の場合ですが、ちゃんと「医薬品」を使ってダイエットに成功した経験がありますので、時間があれば体験談も読んでおいてください。

(下にリンクがおいてあります)

くれぐれも、大げさな広告にはだまされないでくださいね!

おおげさなダイエット広告に騙されていませんか?

ダイエットに悩んでいた私が、あることをきっかけにぐんぐん痩せることができた成功体験談。

私もあなたと同じで、なかなか体重が落ちずに悩んでいた時期がありました…が、あることがきっかけでぐんぐん痩せることができました。

その秘密は「医薬部外品」や「健康食品」ではなく、「医薬品」を使うことなんです。
(まあ、秘密でもなんでないんですが…)


・大げさな画像
・まぎらわしい表現

には、もうだまされない!

というあなたのための、医薬品を使った私のダイエット体験談はこれ!

体験談を読む

スポンサーリンク
ダイエット未分類
日常の気になること