お菓子やめても痩せない原因3つ!ストレスを感じる前に知っておこう!

スポンサーリンク

お菓子やめても痩せない…

相談 27歳 女性

身長155cm体重59kgあります。

ダイエットを一大決心して、まず最初にいつも食べていたお菓子をやめることにしました。

お菓子禁止です。

これまでは、毎日10時と3時に必ずチョコレートやクッキーなどのお菓子を食べていたのですが、それをやめて2週間たつのですが、体重に変化がありません。

お菓子を食べても痩せないのであれば、大好きなお菓子をやめないで他のダイエットにしたほうがいいのでしょうか?

お菓子をやめたことでちょっとストレスになっていますので、このままではなにかのタイミングでドカ食いしそうで怖いです。

確かにダイエットを一大決心した人がまず最初にやることは

・運動
・食事制限

の、どちらかだと思います。

その方向性で考えると、「お菓子をやめた」ことというのは、ダイエットを始める人にとってはとてもいいことだと思います。

とはいえ、お菓子をやめても痩せない…となってくると、逆にあせってしまったりストレスに感じてしまうこともありますよね。

その理由は簡単で「原因を知らないこと」だと思います。

原因をしれば「なるほど!そういうことか!」と、思わず納得しますので、原因がわからずに「お菓子をやめても痩せない」と悩んでいるのは時間の無駄ですよ。

ということで、本日は、お菓子をやめても痩せない原因について紹介していきますね。

スポンサーリンク

お菓子をやめても痩せない原因3つ

お菓子をやめても痩せない原因は大きく分けて3つあります。

  1. ダイエットの期間が短い
  2. 水分を多く取りすぎている
  3. お菓子以外のものを多く食べている

それぞれわかりやすく説明していきますね。

1.ダイエットの期間が短い

ダイエットの一大決心をして、生活の中でまず最初に変えられることころを変えていく…今日からお菓子禁止!ということで、お菓子をやめた人も多いと思います。

それはそれでとてもいいことなんですが、お菓子をやめてもなかなか体重が減らないと、ストレスを感じてしまっているのであれば、危険信号!

ストレスが原因でドカ食いしてしまう可能性もありますので、そうなる前にちゃんとした知識を持っていきたいですよね。

ということで、お菓子をやめても痩せない原因のうちの一つとして「ダイエット期間が短い」ことがあげられます。

お菓子をやめて、一週間?二週間?くらいでは目に見えた効果は感じられません。場合によっては体重計に乗った時に「あれ?太っている」ってなる場合もあるんです。(これは水分のせいです)

 

その原因は脂肪の燃焼に必要なカロリーです。

脂肪を1kg消費するのに必要なカロリーは7200kcalとなっています。

それに対してお菓子の一食分は何kcalでしょうか?

100kcal?200kcal?これくらいのカロリーを摂取我慢して摂取しなかったとしても対してカロリーは減りません。

おやつ一食200kcalであれば、36回分我慢することではじめて脂肪1kg分ですので、一ヶ月以上かかる計算ですよね。

となってくると、一週間、二週間くらいでは、とてもではないけどおやつを抜いただけでダイエットの効果を感じることはむずかしいのではないでしょうか?

なので、ダイエットのためにお菓子を抜くことはとても賛成ですが、そればかりにこだわってストレスを感じるよりも、もう少し長い目で見る必要があります。

 

また、お菓子を食べているので太っているのであれば、お菓子を抜いたところで現状維持、と考えたほうが良さそう。

本格的にダイエットを一大決心したのであれば、「お菓子を抜く」以外にもなにかもっと効果なることにチャレンジしたほうがいいですね。

(私は基礎代謝を上げることをおすすめします)

とはいえ、お菓子を抜くことはダイエットにとてもいいことですので、引き続き続けてくださいね。

2.水分を多く取りすぎている

お菓子禁止でお菓子をやめたのだけれど、なかなか痩せない…体重計に乗っても変化が見られないのであれば、もしかしたら水分のとりすぎが原因である場合があります。

先程も言ったように、お菓子を抜いたところでダイエットの効果は余り期待できません。

お菓子のカロリーにもよりますが、一ヶ月お菓子を抜いてだいたい1kg減るのが精一杯だと思います。

そこで水分を取りすぎると…体重計に乗ったらほとんど変わらない状態ですよね。

わかりやすくいうと、500mlのペットボトルの水分を取る前ととったあとでは、体重が500gも違ってくるんです。

これは体重の誤差で気にしなくてもいいのですが、こういった細かい数字を気にしすぎてストレスを感じてしまっている人も多いんですよね。

なので、あまり細かい数字に関しては水分でかなり変動しますので、気にしなくてもいいと思います。

もしかしたら体重計に乗った時にたまたま水分が多組手体重に変化がなかった、なんてこともありますので、気にしすぎる必要はないですよ。

3.お菓子以外のものを多く食べている

お菓子をやめると、人間の脳はその不足分を無意識のうちに補おうとします。

それが原因で知らないうちに食べすぎていることも考えられます。

野菜とかの比較的カロリーの少ないものであればまだいいのですが、カロリーの多いものだとお菓子をやめても効果半減、どころか逆効果になってしまうことも。

ダイエットを成功させるためにお菓子をやめる!という一大決心はとてもいいものだと思います。

なので、お菓子に限らずその他の食事についても気を配ることが重要になってきます。

一週間でいいので、毎日食べているものをメモして普段自分がどれだけ食べているのか「見える化」してみることをおすすめします。

ダイエットの決心をしたなら

ダイエットの決心をしたなら、お菓子をやめる以外にもいろいろな方法があることを知っておいたほうがいいと思います。

その中で薬やサプリを使って効果的にダイエットをしている人も多いですね。

・どうせ運動をするなら
・どうせ食事制限をするなら

より高い効果の期待できることをどんどん取り入れて、短時間で理想の体型にリメイクしたいですよね。

時間がかかると、どうしてもだれてしまったり諦めてしまいそう…なので短期間に効率よくダイエットを成功させたい!ということで、薬やサプリを使う人も非常に多いです。

とはいえ、ダイエット業界に出回っている薬やサプリには、大げさな広告で実はあまり効果が期待できないものも多いんです。

ではどこで見分けるか?ですが、これは厚生労働省がちゃんと基準を出しているんです。

効果の期待できる順に、

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 健康食品

となっています。

なので、ダイエットのために薬やサプリを使うならより高い効果の見込める「医薬品」が1番おすすめです。

実際に私もダイエットのために医薬品を併用して短期間に痩せることができましたよ!


◆ダイエット広告に騙されていませんか?

ダイエットが上手くいかずに悩んでいた私が、あることをきっかけにぐんぐん痩せた成功体験談。

私もあなたと同じで、ダイエットに悩んでいた時期がありました…が、あることがきっかけでぐんぐん痩せることができました。

その秘密は「医薬部外品」や「健康食品」ではなく、「医薬品」を使うことなんです。

大げさな画像や紛らわしい表現にはもうだまされない!
というあなたのための、医薬品を使った私のダイエット体験談はこれ!

体験談を読む

スポンサーリンク
未分類
簡単に痩せる方法ってあるの?