どうしても5キロ痩せたい!1~2ヶ月で絶対痩せたい時に見直してほしいこと

スポンサーリンク

どうしても5kg痩せたい!

質問 22歳 女性

ウォーキングと筋トレなど、自分なりのダイエットのためのエクササイズを3ヶ月ほど続けていますが、1キロも減りません。

とにかく5キロ痩せたいです。

とはいえ、食事制限のダイエットはやりたくないし…(食べるのが楽しみなので)
食事制限のゼロダイエットを教えてください。

たしかに、運動を1~2ヶ月みたいなある一定の期間運動を続けたとしても、痩せないときってあると思います。

ここで、

ん?なにかおかしいぞ???私のダイエット方法は間違っているのかな?

と、ダイエット方法を見直してダイエット新しいダイエトに挑戦するものもちろんありですが、正しいダイエット方法がわからないと思うように体重が減らず、その結果、

「ダイエットには向いていないかも…」

とダイエットを諦めてしまう可能性もでてきますよね。

ということで、本日はなかんか痩せない人が「どうしても5kg痩せたい」って時のダイエットの見直し方法について紹介していきますね。

スポンサーリンク

体重が維持できているのであれば

食事制限はしたくないけど、どうしても5kg痩せたい、ということですので、体重が増えず、現状維持ができている様子なら、食事を見直さずに運動を変えれば痩せることは可能かもしれません。

体重が減らなかったり、逆に増えているのであれば、ダイエットにおいて、食事の考え直す方法はとっても基本的なことです。

シンプルに「毎日1時間有酸素運動して筋トレ」というパターンがおすすめ。

最近では、スマホアプリとかで筋トレのコースが用意されて組まれているものがありますので、自分の考える運動じゃなく、レビューを見て、口コミ・評判のいいアプリの筋トレ+有酸素を試してみて、体重が減るかどうか様子を見ましょう

脂肪1kg=7200kcalのエネルギーなので5kgなら36000kcal

ダイエットのために、食事制限ではなく運動をしているのですね。

無理な食事制限をすれば、どこかに負担が出てきてしまい、例えばですが、

・肌ボロボロ
・髪パサパサ
・顔色が悪くなる

といった症状が考えられますので、どうしても5kg痩せたいからと言って無理な食事制限は禁物です。

 

知っているとは思いますが、

脂肪1kg=7200kcal

のエネルギーを消費しないといけません。

 

なので、「どうしても5㎏痩せたい」のであれば、36000kcalを、運動で消費する必要があります。

それなのに、毎日エクササイズしても体重が変わらないのであれば、

・運動で消費たカロリー分、多く食べてカロリーを摂取した
・体脂肪が減った分、筋肉量が増えた

ということが考えらますね。

実際には、「運動は続けている」ということなので、上に紹介した両方が同時に起きている可能性が高いですね。

そうなってくると、現段階では「体重は減っていないのに体脂肪は減って筋肉は逆に増えている」ということが考えられます。

脂肪よりも筋肉のほうが重いのですよ!逆に言えば、同じ重さであれば、筋肉よりも脂肪のほうが体積が大きいんです

しかしながら、一週間~2ヶ月といった短期間では、そんなに目に見えた効果が実感できないのが普通なんです。

とはいえ、運動を続けているということで、着実に筋肉量は増えています。

なので、その結果、基礎代謝によるエネルギーの消費量も増えているはずです。

これから先、どうしても5kg痩せたいのであれば、現在の体重の増減に関してはあまり気にせずに、このまま運動を続けて、筋肉量を増やして、基礎代謝を上げたほうがいいと思いますよ。

痩せる足がかりは食生活を変化させること

痩せる足掛かりは食生活を変えることです。

強烈な運動を1時間~2時間こなしたとしても、消費カロリーというのは僅かなものですし、逆に言えば、全く運動をしないとしても食を変えることで、痩せることは可能なんです。

 

そもそもダイエットとは「食事制限」という意味の言葉です。

 

お腹いっぱい食べても痩せていく食材というのは存在します。

(実は、昔の日本人の食べていた食事と大部分は似ている食材です)

こんにゃく、野菜、魚介、海藻、果物、納豆、豆腐、玄米、少量のオリーブ油類、などなど低カロリーで栄養素の詰まった食材というのは存在します。

なので、「どうしても5kg痩せたい!」からと言って無理な食制限をする必要はありませんよ。

今ある食材を自分のできる範囲で置き換えていくだけOKです。

食費に余裕がある人は自然食品店やオーガニック専門店で野菜や調味料を買って使うほうがいいですね。

次に太りやい食材ですが、

・牛乳、ヨーグルト、チーズやバターなど乳製品を使用している食品
・パンやラーメン、お好み焼き、などの小麦製品
・サラダ油やマーガリンなどの植物油(おりー
・コンビニの食品、コンビニ弁当、(一部には健康食品もある)
・スーパーの惣菜
・クッキーやスナック菓子、ジュース、といった砂糖の多いもの
・外食、レトルト食品、冷凍食品、食品添加物の入った食品全般

これらの食品は食べると太りやすい傾向がるので、なるべく避けるようにしましょう。

とはいっても毎日食事制限をする必要はありません。

ダイエットを成功させたい気持ちの強さにもよりますが、週に一度くらいであれば好きなものを食べても大丈夫です。

(私の場合、週に一度は飲み会がりますので、それに当てています)

あまりキツキツにダイエットしても、精神的な負担が大きいので、息抜きのためにもこういった日は定期的に作っておいたほうがいいですね。

「80:20の法則」といって、1週間、一ヶ月といった期間のうち、8割を痩せる食事にしていれば、残りの2割で太る食事をしても痩せていくパターンが多いですよ。

とはいえ、年末年始など付き合いの中で外食する機会が多い季節があることも確か。

なので、そのへんは余裕を見て無理のないダイエット計画を立ててくださいね。


◆ダイエット広告に騙されていませんか?

ダイエットが上手くいかずに悩んでいた私が、あることをきっかけにぐんぐん痩せた成功体験談。

私もあなたと同じで、ダイエットに悩んでいた時期がありました…が、あることがきっかけでぐんぐん痩せることができました。

その秘密は「医薬部外品」や「健康食品」ではなく、「医薬品」を使うことなんです。

大げさな画像や紛らわしい表現にはもうだまされない!
というあなたのための、医薬品を使った私のダイエット体験談はこれ!

体験談を読む

スポンサーリンク
未分類
簡単に痩せる方法ってあるの?